一日一美。

日常にひそむ美しいものを見いだして、残していきたい。一日一美。一日一興。一日一驚。

水伝ふ磯の浦廻の石つつじ 茂く咲く道をまたも見むかも

水伝ふ磯の浦廻の石つつじ 茂く咲く道をまたも見むかも

 

日並皇子舎人

 

「みなつたふいそのうらみのいはつつじ もくさくみちをまたもみむかも」

日並皇子とは草壁皇子のこと。

草壁皇子皇位に就く直前に病没した際に、舎人が詠んだ(詠むことを許された)歌。

岩つつじは、ツツジと異なる種類ではなく、ツツジ科の一種かレンゲツツジヤマツツジとされているようです。

 

#挽歌

f:id:perack:20170505192311j:plain

 

舎人が見た岩つつじの色は、燃えるような赤だったのでしょうか、それとも葬送の白だったのでしょうか。(喪に服す色が黒になったのは最近のことのはず)

 

2017.04.30撮影