一日一美。

日常にひそむ美しいものを見いだして、残していきたい。一日一美。一日一興。一日一驚。

ゆふぐれの泰山木の白花は われのなげきをおほふがごとし

ゆふぐれの泰山木の白花は われのなげきをおほふがごとし

 
斎藤茂吉】 #詞華
 
泰山木の花は非常に大きく、赤ん坊の頭より大きいくらい。
直径25cmにもなるといいます。
 
風向きによっては、遠くでもそれとわかるほどの、甘い香りを放ちます。
近づくと爽やかさが混じって、懐かしさと切なさを感じる香り。
地面近くまで下がった枝に、ひとかかえもある乳白色の花が開いているのを目にすると、思わず顔を近づけたくなる。
 
花のあまりの大きさに、人がみな足をとめて、それぞれが花に顔を近づける。
おじいちゃんも、こどもも、おばあちゃんも。
 
夕ぐれには、いっそう甘い香りが増すが気がします。
 
盞(さかずき)の漢字を取って、大盞木と書くこともあるようです。
 
初夏から梅雨にうつっていくころの楽しみですね。
 

f:id:perack:20170605205501j:plain

 

モクレンモクレン属の常緑高木。
北アメリカ南東部原産。
2017.06.04撮影