一日一美。

日常にひそむ美しいものを見いだして、残していきたい。一日一美。一日一興。一日一驚。

飛鳥川あすは知らねど水色に今日はにほへるあぢさゐの花/一葉

飛鳥川あすは知らねど水色に今日はにほへるあぢさゐの花

 

樋口一葉

 

奈良の大和文華館を訪ねました。

 

人気のない静かな緑の道を

ゆったりと上がっていくと

白砂となまこ塀の白が目に眩しい美術館にたどりつきます。

 

2017年7月7日~8月20日は「宴の器」展を開催しています。

 

「宴の器」展も堪能しましたが、

この美術館のみどころは

展示室のなかにそびえる青い竹の一群でしょう。

 

そして、庭。

建物の左手から後ろへぐるりと回るのは「あじさいの小径」。

あじさいがささやきかけるように切れ目なく続きます。

訪れる人の少ない美術館なので、庭を独り占め。

 

小径を登りきると紫陽花の茂みは切れ、

池を臨む形になります。

この池は菅原池(通称「蛙股池」)といい、日本最古のダムと言われています。

千年の時を超えて思いを馳せてしまいます。

 

庭には、梅の小径や枝垂桜、芙蓉、柘榴などがあり、

四季折々の風情が愉しめる美術館です。

 

冒頭の歌は樋口一葉が詠んでいます。

奈良なので、飛鳥川の入っているこの歌にしました。

紫陽花は土の成分によって色が変わるので、移り気や心変わりの象徴とされることもあります。

この歌は、「明日は知らないけれど―――」が微かな決断を表しているようで、私は好きです。

 

f:id:perack:20170709211632j:plain

f:id:perack:20170709211643j:plain

 

 

2017.07.09撮影

奈良県 大和文華館 「あじさいの小径」