一日一美。

日常にひそむ美しいものを見いだして、残していきたい。一日一美。一日一興。一日一驚。

いちはつの花咲きいでて我目には今年ばかりの春ゆかんとす

いちはつの花咲きいでて我目には今年ばかりの春ゆかんとす

正岡子規】 


アヤメ類の中で一番初めに咲くから「一初」

 

この後、菖蒲が来て、葵祭があって、あやめが咲いて、大田神社のかきつばたの季節が来るのです。

今年は、まだ咲きそろっていません。あと一週間ほどでしょうか。

 

まさに、「はるゆかんとす」。

病床にあった子規にとって、いちはつによって別れを告げようとしている今年の春は、ほんとうに「今年ばかりの春」となりました。

 

f:id:perack:20170423222218j:plain

 

f:id:perack:20170423222524j:plain

 

2017.4.23撮影

上御霊神社

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマグルマ~花弁も萼もない花

ヤマグルマの花

 

私は初見でした。

花弁も萼もない花が、樹上で光を受けて輝いています。

トリモチ(鳥や虫を捉えるための粘着性物質)を出す木として重用されていたそう。

今は日常で必要としないけれど、かつてはなくてはならない機能を持った植物は、たくさんあるのでしょうね。

 

 

f:id:perack:20170423061659j:plain

 

f:id:perack:20170423061719j:plain

f:id:perack:20170423061716j:plain

 

 

2017.4.22撮影

京都府立植物園

桜色にわが身はふかくなりぬらむ心にしめて花を惜しめば 

桜色にわが身はふかくなりぬらむ心にしめて花を惜しめば
 
詠み人知らず。
拾遺集所収。
 
心に深く思って花を惜しむので、わが身は深い桜色になってしまっただろう……。
 
 

 

f:id:perack:20170425210302j:plain

 

桜「糸括(いとくくり)」 

小花柄が長く束になって垂れ下がることから名付けられた。

午後からは五月晴れと言っていいほどの天気になった日。

染井吉野はすでに葉桜への姿を変えつつあったが、

八重桜のいくつかは盛りを迎えていた。

薄桃色の花弁が重なり合うと桃の濃さを増し、

光が透けると染井吉野のような仄白さを見せる。

光の濃淡をこそ眼は見ているのだと思い出させられる。

 

2017.4.23撮影

京都府立植物園

 

 

 

手拭風に再び解けて新茶摘む 【阿部みどり女】

手拭風に再び解けて新茶摘む

 

 

【阿部みどり女】

 

茶碗のなかの抹茶をのぞくたびに、感慨にとらわれる。

おどろくほどの華やかな緑。

新緑よりもなお光を放つ緑。

 

火を入れ保存しているはずなのに、こんなにも鮮やかな。

 

「茶摘」は春の季語。

「新茶」は夏の季語。

 

新茶が待ち遠しいですね。

 

f:id:perack:20170424231939j:plain

 

 

2017.4.23撮影

むらさきかたばみ(紫片喰、紫酢漿草)

石垣に健気に咲いている、艶のある可愛らしい花。

御所の石垣に馴染んで……

 

と思いましたが、

南アメリカ原産の帰化植物であることは、今回調べて初めて知りました。

葉の形から「カタバミ」だろうなとは思っていたのですが、環境省により要注意外来生物に指定されているとは。

 

難しい問題です。。。

 

f:id:perack:20170423232926j:plain

 

f:id:perack:20170423233007j:plain

 

 

2017.04.23撮影

京都御苑石垣(烏丸通

筍の光放つてむかれたり  

筍の光放つてむかれたり  

 

【渡辺水巴】

f:id:perack:20170422205425j:plain

 

2017.4.22

京都府立植物園にて撮影

f:id:perack:20170422205256j:plain

 

 

 

 

かはづ鳴く甘南備川に影見えて今か咲くらむ山吹の花

かはづ鳴く甘南備川に影見えて今か咲くらむ山吹の花

 

厚見王万葉集

 

やまぶきは一重咲と八重咲があり、4月から5月にかけて一斉に花を開きます。

こぼれ落ちた花弁が散るさまは、これぞ花の散る美しさといった風情があります。

 

 

f:id:perack:20170423204723j:plain

f:id:perack:20170423204908j:plain

f:id:perack:20170423205012j:plain

 

一重咲のやまぶき

2017.4.22撮影

京都府立植物園